読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常は小説より奇なり

とある大学生が140字におさまらないことをアウトプットする感じのノリ

トランプ当選!その後の現地の状況《大統領選個人的総括その②》

トランプ氏の劇的当選から5日が経とうとしています。

歴史が動いたあの夜以降、現在留学中のここウィスコンシン州、そしてアメリカ全体でどんな影響があり何が起こっているのか。

今回は現地のありのままをまとめていこうと思います。

 

まず遡ること8日深夜、トランプ氏優勢の開票速報を見ていると衝撃ニュースが飛び込んできました。

www.cnn.co.jp

なんと、トランプ当選を予期してカナダ移住について真剣に考え始めたアメリカ人が一斉にカナダ市民権・移民局のウェブサイトにアクセスしたためか、同サイトがクラッシュしたのです。

グーグルによると、今年3月に共和党候補指名争いのヤマ場「スーパーチューズデー」でトランプ氏が大勝した時、「カナダへ移住するには」というワードの検索件数が350%の急増を記録した。

引用元:CNN.co.jp : カナダ移民当局のサイトがダウン 米大統領選の影響か - (2/2

日本ではとくに円相場が101円あたりまで下落、Brexit以来の円高ドル安となりました。

日経平均株価TOPIXも共に暴落という形になりました。

一方、軍需産業企業などの株はうなぎのぼりでしょうし、そういった企業の株はこれから伸びるのではないでしょうか。

 

トランプ氏当選から一夜明けた翌日現地9日、朝早くから現在留学中の大学の学生寮のRA(Resident Assistant:寮のリーダー、監督生のようなものです。)から一通のメールが全寮生に届いていました。以下に簡単に和訳します。

「皆さん、まだ動揺を隠しきれないと思います。ですが、わまりの人がなんと言おうと、メディアが何を伝えようと、これだけは忘れないでください。皆さん一人一人が愛され、かけがえのない存在なのです。どうしても一人で乗り越えられないという人をサポートするために集会を開きます。深呼吸をして、笑顔を絶やさないでください。希望を捨てないでください。」

 また、全学生宛にこんなメールも届きました。

「皆さん、いろんな意見があるとは思いますが、クラス内外を含めとくにキャンパス内では、他人へのリスペクトを忘れず、それぞれの言動に注意し 慎重になるようにしてください。」

その日は政治学の授業が2つあったのですが、まるで葬式のような雰囲気でした。

教授も含め学生たちのショックが大きすぎたため、授業を休講にする教授や、講義はせず授業内容に沿った映画を見せる教授もいました。

キャンパス内のカフェでは選挙結果にうちひしがれ泣き崩れる人や、お互いに慰め合う人々が多数いました。

このように、現地で見た選挙結果の翌日のショックはとても大きいものでした。

 

さらに翌日、現地10日以降、事態は少し変わってきました。

選挙翌日の深い悲しみや動揺から一転、アメリカ中でもそうでしたが、キャンパス内でもちらほらと抗議活動が起き始めました。

この記事を書いているのは現地時間12日土曜日ですが、昨日11日金曜日の授業終わりには、キャンパス内で大きな抗議集会があり、その後多くの学生がシカゴへ行き抗議デモに参加すると言っていました。

フェイスブックでも多くの学生による抗議活動への参加を呼びかける投稿が見られました。

 

現在アメリカ中の都市で抗議活動が起こっており、交通機関や車線が止められたり、機動隊が出動し逮捕者がでるなどしていますが、一向におさまる気配はありません。

ニューヨークやシカゴではおびただしいほど数の一般市民が抗議デモとして「F**k Trump!!(くたばれトランプ!!)」などと叫びながら、トランプタワーまでマーチングをして包囲するなど、連日ニュースになっています。

英語での映像ではありますが、アメリカ中での現在の抗議デモの様子を視覚的にもわかりやすくまとめた映像を見つけたので、是非一度ご覧になってください。

www.youtube.com

トランプ氏の劇的勝利からなにがわかるか?《大統領選個人的総括その①》

トランプ氏の劇的勝利からなにがわかるでしょうか?

これに関して、経済学者のポール・クルーグマンのツイートがとても参考になると思いました。

 簡単に和訳すると、

「ひどい夜だ。しかし、トランプ氏が当選するかもしれないからではない。地方に住む白人の怒りが思っていたよりも根深いことがわかったからだ。」

和訳が上手ではないかもしれませんが、大体は意味は分かっていただけるかと思います。

どういうことかというと、地方に住んでいる中間層以下の白人、とくに低所得者の怒りの票がトランプを押し上げたのです。

誰に対する怒りかというと、不法滞在などでアメリカ国内に住み続けている移民でしょう。

移民は白人よりも低賃金で働くので、白人低所得者は移民に職を奪われるという自体を招きます。もし働けたとしても、移民と同じぐらいの賃金まで下げなければ職は見つからない状況でしょう。

そんな中、(特にメキシコからの)移民を全員即刻国外追放しメキシコとの国境に壁を作るという過激発言で話題をさらったのがトランプ氏だったわけです。

移民を追い出してアメリカ国民第一の政策をとると明言しているトランプ氏が大統領選になれば、白人低所得者たちも救われるわけです。

つまり、今回のトランプ氏の当選は、地方の白人低所得者たちと移民問題などの摩擦など、アメリカ国内の格差社会が生んだものと考えられるのではないでしょうか。

 

また、初の黒人大統領オバマ氏と共に歩んだこの8年といい、アメリカは民族や文化、価値観、セクシャルアイデンティティーなど、あらゆる面から見てもますます多様化を遂げ、それをだんだんと受け入れて行く準備ができていたように思っていました。

ですが、今回のトランプ氏の当選を受け、全く逆方向に進むように思えます。

格差社会が生んだトランプ新大統領は移民の国外追放政策、ムスリムの入国禁止政策であったり、白人至上主義的側面、女性に対する差別的・暴力的発言などでよく知られています。

これは初の黒人大統領就任からの多様性を受け入れる準備ができてきたような姿勢とは真反対に思えます。

海外の記事ではありますが、CNNの開票速報中のヴァン・ジョーンズさんの発言が話題を呼んでいます。

dailycaller.com

彼の発言の一部を以下に記します。

"This was a whitelash. This was a whitelash against a changing country. It was a whitelash against a black presidency, in part."

何を言っているのかというと、今回のトランプ優勢の選挙を見て、「これは"a whitelash against a black presidency"だ」、つまり、黒人大統領に対する白人の巻き返しだ、と言っているのです。

ここでいう黒人大統領とはもちろんオバマ大統領のことで、白人至上主義的な側面や民族的マイノリティーに対して排斥主義的な側面も見受けられるトランプ氏の当選を、それまでの初の黒人大統領オバマ氏8年の治世に対する白人の巻き返しと捉えた発言、というふうに考えられると思います。

つまり、初の黒人大統領としてオバマ氏が8年もアメリカをリードしてきたことは、アメリカもあらゆる人種、文化、アイデンティティーを乗り越えたより多様性を尊重した社会になっていくのではと思わせましたが、白人至上主義的、排斥主義的な側面を持つトランプ氏の今回の当選はすなわち、アメリカ国民の少なくともほぼ半数がそのような考えに票を入れたことになるのです。

 

格差社会の深刻化、そして多様化に対する反発とも捉えられる過激な白人ナショナリズムが、今回のトランプ氏当選で浮き彫りになったのではないか、そんなふうに思いました。

2016米大統領選 現地から個人的総括:目次(各記事リンクあり)

www.asahi.com

現在留学中のウィスコンシンでの時間にして8日午前1時頃、スイングステートであるペンシルバニアの20票を共和党候補ドナルド・トランプ氏が獲得。

これが実質的なダメ押しとなり、その約2時間後、自分のPCには勝利演説をするトランプ氏の姿が映されていました。

正直、初めてのアメリカ留学で、歴史が大きく動く瞬間を現地で体験することになるとは思ってもみませんでした。

選挙前にはヒラリー氏優勢などと散々報道された2016大統領選ですが、蓋開けてみればトランプ氏のどんでんがえしの劇的勝利。

その一部始終をせっかく現地で体験したので、ここで個人的な総括というか、今回の大統領選で思ったことを2回に分けて記していこうと思います。

以下、目次から各記事に飛ぶことができます。

 

〓その①:トランプ氏の劇的勝利からなにがわかるか? 

astro-daichi.hatenablog.com

 

その②:トランプ当選!その後の現地の状況

astro-daichi.hatenablog.com

 

帰国便の日付がビザの有効期限外で危うく出国すらできないところだった話

アメリカで髪切ったら元ヤンみたいな感じになっただいちです。

今回は、ビザの有効期限と航空券の日付のせいで危うく出国できないところだった話をします。

もしこれからビザを取って海外へ行くなんていうことがある方は是非一読してほしいです。

 

遡ることたぶんおそらくきっと8月の頭、航空券を調べていました。

僕の場合は代理会社を通じて、出国日と帰国日の航空券を同時に購入しました。

帰国日はまだはっきりしていませんでしたが、帰国便の日付は後日一度だけ変更可能なので、代理会社に適当な日付で帰国便の航空券を仮おさえしてもらいました。

 

月日は流れ8月9日出国当日、謎のノリでなんばのTOHOシネマズ朝イチのシン・ゴジラ4DXを見て顔面ビッショビショになっていた僕はその足で伊丹空港に向かいました。

本来なら関西国際空港から国際便でひとっ飛びなのですが、代理店を通して購入した航空券のプランの都合で、伊丹空港から一度成田空港を経由してアメリカのシカゴにあるオヘア空港へ飛ぶという旅程でした。

時期も時期だったので空港はババ混みで、長蛇の列に組み込まれた僕は、後ろのax○sを身にまとったボンレス系女子と明らかに頭のサイズにあってないハットをちょこんと頭に乗せたチャーシュー系男子のカップルの8月の大阪の気温よりアツいイチャつきを視界に入れないようにしながら、Twitterをしてました。

ようやく自分の番が回ってきて、荷物を預け、パスポートやビザを見せたりとしていると、ものすんごい申し訳なさそうな顔の受付の女の人から衝撃の一言が飛び出しました。

「帰国の際の航空券の日付がビザの有効期限を過ぎているので出国していただけない可能性がございます…」

僕「ふぁ?!」

一瞬なにを言っているのかよく理解できませんでしたが、受付の女の人が丁寧に説明をしてくれました。

要するに、代理会社に適当に仮おさえしてもらった帰国便の日付がビザの有効期限を過ぎてしまているので、このまま出国させると帰国までに一定期間の不法滞在を許すことになるので、出国を許可できない、という話でした。

とにかく、帰国便の日付は仮におさえたものであって、後日本当の帰国日がはっきりしたらビザの有効期限内で日付を変更する予定だということを伝えましたが、ひとり、またひとりと受付の方が増えていきザワザワしはじめました。

僕の後ろの例のボンレスチャーシューカップルが明らかにイライラしだしたので、僕の審査は保留にされ、列の横で判断を待つことになりました。

30分ぐらいが経過し、出国の許可が下りないまま離陸15分前になりました。

「留学オワタ…」と思っていると、とりあえず成田空港までは飛んで、あとは成田の責任者に判断してもらうということになり、ダッシュで手荷物検査を済ませ成田に飛びました。

成田空港に着いてからは、伊丹空港で説明したのと同じ事情を話してなんとか出国できることになり、今こうして無事にアメリカで留学生活を送っています。

 

こういうことにならないように、皆さんもビザを要する海外への仕事や留学で、航空券を往復で購入される場合は、帰国便の日付がくれぐれもビザの有効期限を過ぎてしまわないように気をつけてください。

ここまで準備して楽しみにしてきた留学がおじゃんになりかけたおかげで動揺を隠せず、喉の渇きからポカリを飲もうとして蓋がついたままのペットボトルを傾けて無心で口に押し当て続けるという愚行を例のボンレスチャーシューカップルに笑われ、生き恥を晒したのも今では良い思い出です。

出国できてほんまよかった。

あのカップルは爆ぜろ。

【今日の一言】

アメリカの中華料理の出前のブロッコリーとセロリ入ってる率控えめに言って異常

留学先をベロイト大学に決めた理由

ウィスコンシン州はすでに寒すぎて日本から持ってきた新ルルAゴールドDXを浴びるように飲んでいる風邪気味のだいちです。

なぜベロイト大学を留学先として選んだかのか、その理由をお話したいと思います。

 

理由は2つあり、「安さ」「学習環境」です。

僕の通っている日本の大学では1年間の海外留学が卒業条件です。

早期留学や特別な理由での留学延期を除き、多くの学生の過半数は三年目の春から、残りは秋から留学を開始します。

日本の大学では珍しく200近い海外の提携大学数を誇る僕の大学では、留学先大学の希望はかなり融通が利きます。もちろん成績や志望理由での選考にはなりますが。

かねてからアメリカでの留学を考えていた僕は、夏休み終わりから新年度が始まるアメリカの大学のシステムに合わせて後者の秋留学にしました。

 

まず、僕にとってのアメリカでの留学先大学選びにおける一番の優先条件は、ズバリ「安さ」でした。

実は僕は大学受験の際に海外進学をしたい思い、アメリカのモンタナ大学の書類審査を受け英語運用能力テストなどの基準をクリアし夢の海外進学目前まで詰め寄ったのですが、海外進学ともなると費用がアホみたいにかかってくるので諦め、留学制度のある国内国公立大学への進学を決めました。

なので「安さ」というのは僕にとって最優先事項でした。

学費こそ日本での在籍大学にいつも通り払えばいい制度であったものの、寮費や食費、その他諸々は自腹になり、大学によっては寮費だけで一月$1000を越える大学もあったので、とにかくアメリカで一番安く留学できる大学を探すべく、アメリカの提携大学全ての留学費用を計算していた時のことでした。

ウィスコンシン州にあるベロイト大学の留学諸費用リストの項目にただ一言"included in exchange"と書かれていました。

よくわからなかったので在籍大学の留学センターに電話してみたところ、

僕「included in exchangeってなんですの?」

留学センター「あーそれな、ベロイト大学とは特別な交換方式になっとって、要するにうちの大学(=日本で在籍している大学)に今まで通り学費と住居費と食費払うてくれたらええんやで」

僕「え、じゃあ特別に発生するお金ないですのん?」

留学センター「ないやで」

僕「www」

てな感じで第一志望として即決でした。

幸い成績も割と良かったので、なんなく第一志望の留学先大学への派遣学生に選ばれました。

 

また、安さだけでなく、ベロイト大学の学習環境も見どころの1つでした。

ベロイト大学の授業はほぼすべて少人数制で、一部の授業を除いて、大概は一クラス最大でも20人ぐらいしかいません。なので、大講義室で行われるような典型的なアメリカの大きな大学での授業とは異なり、クラスでは生徒と教授、そして生徒と生徒の距離がとても近く、ディスカッションなども盛り上がります。

日本での在籍大学もこれとまったく同じ環境で気に入っていたので、そういう面でもこの大学がぴったりなのかなと思いました。

実際、留学生活も二ヶ月が経とうとしている今、ベロイト大学のクラスの環境には満足しています。

 

以上、ベロイト大学を留学先として選んだ理由でした。

【今日の一言】

最近キャンパスでよく見かけるカズレーザーみたいな人が気になる…

留学先紹介 ベロイト大学(Beloit College) 

急に寒くなってさっそく腹こわして下痢気味のだいちです。

昨日続いて今日は現在留学中のベロイト大学の紹介をしようと思います。

www.beloit.edu

僕自身がベロイト大学に来る前に参考にしたウェブサイトからの情報の引用と、それに対して実際現地で留学してみてどう思うかの2つのポイントで紹介していきます。

 

ど田舎ウィスコンシン州にある小規模私立リベラルアーツカレッジであるベロイト大学は最難関には一歩及びませんが、難関大学のひとつに数えられており、分野によっては全米大学ランキング50位、中西部のリベラルアーツ大学としては私立名門トップ校とされています。特にanthropology(人類学)においては全米でも有名のようです。

留学生として求められる英語運用能力のスコアとしては、 TOEFL iBT 80、TOEFL ITP(昔の PBT)525が最低ラインでしょうか。

<本学の歴史と特色>

創立1846年で、交換留学制度に150年の歴史を持っている。国際的な研究とサービスの高さでは全米大学ランキングの上位50に数えられている。本学には19の学部と50以上の専門課程があり、98%の教授陣がその分野において最高の学位を持ち、平均的なクラス人数は15名と学習環境のすばらしさには定評がある。

<地域性>

本学はイリノイ州ウィスコンシン州の国境に位置しており、シカゴまで145kmの距離である。ほとんどの学生がキャンパス内の寮に居住。40エーカーの緑に囲まれたキャンパスには50棟の建物、スポーツセンター、劇場など施設が充実している。

<留学生サポート> 留学生の受け入れには歴史のある大学なので、海外からの留学生の相談に乗ってくれる専任スタッフがおり、学習を進める上での相談に乗ってくれる。oie@beloit.edu.(メールアドレス)

引用元:大学留学.net | アメリカ-Beloit College

交換留学制度には長い歴史があり、Office of International Educationのとてもフレンドリーなスタッフが対応してくれます。アメリカなので日本に比べて仕事は少しのんびりであったりしますが、留学中のややこしい手続きや申請の処理から勉強やプライベートの相談から、たまにはコーヒーを飲みながらの雑談まで、留学生一人一人を丁寧にサポートしてくれます。

ほぼ全学生がキャンパス内の学生寮で生活しており、教授やスタッフもキャンパス内やキャンパス付近の個人宅のようなオフィス兼家のようなところに住んでいたりと、大学ひとつまるごとファミリーのようなアットホーム感満載の大学で、授業後や休日もいつでも友達がすぐそこに住んでいるので友達がたくさんできます。教授も学生を招いてパティーをしてくださったりします。

平均的なクラス人数が15名と書かれている通り、ほぼ全クラスが少人数クラスであり、クラス内での学生と教授の距離が近く、学生同士のディスカッションもしやすく、少人数であるからこその濃い授業を受けることができます。

少人数クラスの様子はこの記事の後半にも書いたので併せてどうぞ↓

astro-daichi.hatenablog.com


続きを読む

ぱっとしないウィスコンシン州のぱっとしない紹介

最近友達からのあだ名がニンジャに定着しがちなだいちです。

今回は留学先の州について紹介します。

 

現在僕が留学生活をしているのは、ウィスコンシン州という場所です。

「どこやねんそれ聞いたことないわ」

と思ったそこあなた。

それもそのはず、クッソど田舎です。

 地図で見ると…

f:id:astro_daichi:20161013143925p:plain

パッとしなさの極み。

位置的にもはやカナダやし、大阪人に言わす「高槻はもはや京都」的な位置ですね(例えセンス無さの極み)。

五大湖に面した中西部最北州であり、現地の友達曰くビールとチーズが有名らしいです。

ウィスコンシン州はかなりフットボールがアツい州で、州東北部のグリーンベイに本拠地を置くグリーンベイ・パッカーズというフットボールチームがあります。

このパッカーズというチームですが、あらゆる点においてアメリカでも最も激アツのチームで、ウィスコンシン州のどこにいってもユニフォームを着たおっさんや綺麗なお姉さんがいっぱいいます。

アメリカのフットボール熱がわかるパッカーズのアツさはまた後日別の投稿で。

気候に関しては、現在10月ですが、すでにパーカーなしでは日中でも寒く指先がジンジンしたり、雨の降った日や夜、早朝などはすでに凍えるような寒さになることもあります。

僕は8月10日にウィスコンシンに降り立ちましたが、大阪のクソ暑い夏から一転、かなり涼しいカラッとした夏でした。

日本よりも気候の変動が激しく、いきなり天候が崩れ夜から早朝にかけて雷雨になったりすることがちょいちょいあります。

冬が本格化すると寒い時はマイナス20℃以下にもなるそうで、コンクリートジャングル大阪で育った僕は果たして行きて帰国できるのか、今から不安でなりません。

 

と、まぁフットボール以外はパッとしないウィスコンシン州のパッとしない紹介でした。

次は留学先大学の紹介をしようと思います。

【今日の一言】

アメリカ人ナイキの靴履きすぎ(ブーメラン)